NINJA1000のオイル交換をしました。


Ninja1000の納車に向けて、メンテナンスに必要なバイク用品を用意していました。

スポンサーリンク



今回はオイル交換と同時にオイルフィルタも交換します。

用意したオイルはこれです。

MOTUL(モチュール) 7100 4T 10W40 バイク用100%化学合成オイル 1L[正規品] 11118011

Ninja1000はオイル交換時に3.8L必要なので4個購入しました。

オイルフィルターはこれです。

デイトナ(DAYTONA) オイルフィルター カートリッジ式 67927

オイルフィルタレンチはこれです。

KTC(ケーテーシー) カップ型オイルフィルターレンチ AVSA-064

このオイルフィルタレンチはAMAZONで購入したのですが、1個注文したのになんと1箱届きました(汗)

AMAZONに電話して返品処理をした後に、工具箱を整理していたら。。。。

オイルフィルタレンチが出てきました(汗)そもそも購入しなくてもよかったようです(笑)


並べるとこんな感じです。

ドレンボルトを外すために、ボックスレンチを購入しました。Ninja1000のドレンボルトのサイズは17mmです。

ASH T型ロングボックスレンチ17mm TW0017

ドレンワッシャのサイズはM12です。

デイトナ(DAYTONA) ドレンワッシャ オイルドレンボルト用 M12×3枚 95395

廃油はこれに捨てます。可燃ごみに出す事ができます。

【おすすめセット】エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L + エンジンオイル 二輪車4サイクルエンジン用 セット

実際の作業は夜におこなったので、撮影は出来ませんでした。

オイル交換の順番としては

1.数分間アイドリングをする。
→ オイルを抜きやすくするためです。

2.廃油処理箱をドレンボルトの下に置く。
→ 横向きに置くとこぼれにくいです。

3.ドレンボルト(17mm)を外す。
 → 工具が汚れる可能性があるので、最後は手で緩めましょう。

4.オイルが抜けたらドレンボルトを締める。
→ この時ドレンワッシャを交換する事を忘れないようにしましょう。トルクレンチがない場合はドレインワッシャが潰れる(締める方向4分の1)程度締めましょう。

5.オイルフィルタを外す。
→ オイルフィルタレンチがあれば特に苦労する事はないと思います。

6.オイルが抜けたらオイルフィルタを付ける。
→ 付ける前にOリングに抜いたオイルを軽く塗りましょう。付ける時は基本的に手締めですが、不安な場合はレンチで少しだけ締めても問題ありません。

7.オイルを入れる。
→ MOTULはノズルが付いていますが、入れにくい場合はオイルジョッキを使いましょう。Ninja1000はオイルフィルタを交換した場合は3.8Lですが、車体に少し残っているので最初は3.5Lくらい入れて様子をみます。
オイルジョッキはAZ(エーゼット) オイルジョッキ [ポリジョッキ/ポリジョッキー/オイルジョッキ] 2L フタなし PJ002のような物で構いません。

8.オイルを入れたら数分間アイドリングをする。
→ オイルの量を見る前にエンジンを回しましょう。

9.オイル量を確認する。
→ オイルゲージを除いてオイルの量を確認します。バイクを水平にして丁度真ん中なら問題ありません。

オイルを交換する時に軍手は火傷をする可能性がありますので、ビニール手袋を使う事をお勧めします。


MOTUL(モチュール) 7100 4T 10W40 バイク用100%化学合成オイル 1L[正規品] 11118011


デイトナ(DAYTONA) オイルフィルター カートリッジ式 67927


KTC(ケーテーシー) カップ型オイルフィルターレンチ AVSA-064


ASH T型ロングボックスレンチ17mm TW0017


デイトナ(DAYTONA) ドレンワッシャ オイルドレンボルト用 M12×3枚 95395


【おすすめセット】エーモン ポイパック(廃油処理箱) 4.5L + エンジンオイル 二輪車4サイクルエンジン用 セット


AZ(エーゼット) オイルジョッキ [ポリジョッキ/ポリジョッキー/オイルジョッキ] 2L フタなし PJ002

ランキングに参加してます。
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 バイクブログ 週末ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログ 中年ライダーへ
にほんブログ村 バイクブログ バイク 運転免許・バイク教習所へ